本文へスキップ

タスク株式会社は構造・地盤解析、応力・ひずみ計測、ソフトウェア開発をしています。

TEL. 045-471-1677

〒222-0033 横浜市港北区新横浜3-17-5 いちご新横浜ビル5階 
トップページ > 製品のFAQ

製品のFAQFREQUENTLY-ASKED QUESTIONS 

Q. WindowsVistaやWindows7での動作は?

A.

32ビット、64ビットOSに対応

  対象製品:Static、Field、Compression、Tension、Animation、AJCS、Hybrid





準備中

  対象製品:Video


 以下のように対応しています。   ※ 64ビットOSでは、最新のバージョンをご使用ください。(旧バージョンは64ビットOSに対応していません。)  ※ USB、GP-IBのドライバーが、64ビットOSに対応していないものがありますので、それらをご使用の場合は、  32ビットOSでご使用ください。  ご使用の機器のドライバーについては、メーカーもしくは弊社へお問い合せください。   ※ 対応可能です。詳細についてはお問い合せください。

Q. 上書き保存がないが、データはいつ保存される?

A.

  対象製品:Static、Field、Compression、Tension


 計測や編集などでデータが更新される度に自動で保存されます。

Q. 係数、演算式等CH設定を変更したのに設定が変更されない。

A.




  対象製品:Static
 モリカエや、部分イニシャルを行うとCH設定が追加されます。設定の変更は、各CH設定に対して行う必要が  あります。  複数のCH設定をまとめて変更したい場合は、CH設定編集 画面の[他のCH設定をこの設定に変更]にチェックし、  変更する項目を選択します。シートに[他のCH設定]列が表示されますので、変更するCHを選びます。

Q. 過去に行った実験データをグラフに表示したい。

A.


  対象製品:Static
 対象のグラフを選択して、メニューの[グラフ]から[系列]を選択します。 系列の設定画面で[別ファイルパス名]  を指定することで過去に行った 実験データをグラフに表示します。

Q. データロガーと通信できない。

A.

 (株)東京測器研究所製データロガーTDS-601を使用の際、データロガー本体でグラフ描画の設定がされ
 ている状態のまま計測をしていると、データ ロガー本体に”Graphic Buffer Full”と表示されます。この状態
 になると、再度オンラインができない事があります。
 TASC MEASUREシリーズで計測を行う場合、データロガーのグラフ描画の設定はOFFになるようにして
 ください。”Graphic Buffer Full”と表示され、オンラインできなく なった場合はデータロガー本体の電源を
 一旦切るなどして”Graphic Buffer Full”表示を消してからオンラインを行ってください。
 データロガー本体にその他のエラー表示が出ている場合もオンラインできない可能性がありますので、
 エラー表示を解除してからオンラインを行ってください。
 データロガーの操作方法についてはデータロガーのマニュアルを参照してください。

 対象製品:Static、Field、Compression、Tension




 データロガーと通信を行う場合、データロガー側と計測ソフト側で 設定が一致している必要があります。  詳しい設定方法はマニュアルのデータロガーのセットアップの項をご参照ください。