ソフトウェア製品

AJCS

油圧ジャッキ自動制御システム
AJCS 油圧ジャッキ自動制御システム
AJCS 油圧ジャッキ自動制御システム
AJCS 油圧ジャッキ自動制御システム
AJCS 油圧ジャッキ自動制御システム
AJCS 油圧ジャッキ自動制御システム
AJCS 油圧ジャッキ自動制御システム
AJCS 油圧ジャッキ自動制御システム
AJCS 油圧ジャッキ自動制御システム
AJCS 油圧ジャッキ自動制御システム
AJCS 油圧ジャッキ自動制御システム

必要システム

operating environment
アナログ信号入力
日本ナショナルインスツルメンツ株式会社製
<ADボード> Eシリーズ、MシリーズADボード
<コネクタブロック> BNC-2090もしくはBNC2080
<接続ケーブル> SH-68-68-EPもしくは同等の接続ケーブル
MGCplus(HBM社製)の計測用アンプシステム
<ADユニット> AP801(電圧)、AP810(ひずみ)
<DAユニット> AP78 (他の計測器へ出力する必要がある場合に必要)
<ネットワークカード> 直結する場合はクロス、ネットワークに接続する場合は通常のケーブルで接続
株式会社東京測器研究所製(TMR-211)
<入力ユニット> TMR-221、TMR-222、TMR-223、TMR-231
<電圧出力ユニット> TMR-241
<インターフェイス> イーサネット、USB
デジタル信号出力
日本ナショナルインスツルメンツ株式会社製
<DIOボード> PCI-DIO-96もしくはPCI-6509、USB-6509
<リレーボックス> ER-16 Pod (4台)
<接続ケーブル> NB1ケーブル (4個)
<ケーブルアダプター> SC-2054が2個と R1005050ケーブル1本
※デジタル信号出力は、日本ナショナルインスツルメンツ株式会社製のみ対応
OS
Windows 8.1 / Windows10(日本語32ビット/64ビット版)
プロテクトメモリ
64MB以上推奨
ハードディスク容量
計測データを保存する場合、100msecモニタリングで1時間記録すると約4Mbyte消費します。空き容量を確保してお使いください。
RS232Cポート
外部機器とRS232Cポートを介して接続し、制御の到達、制御の再開の通知をRS232Cの送受信により行うことができます。この機能を使わない場合は必要ありません。

※記載されている会社名、商品名は、各社の商標及び登録商標です。

購入・お問い合わせ 戻る